中性脂肪が気になる
中性脂肪に注意!
中性脂肪はお腹やお尻になどについた、ぶよぶよの脂肪です。 見た目あまりいいものではないですね。
中性脂肪は内臓脂肪としても存在します。 また血液中にも存在します。
適度な食事と適度な運動で健康的な生活で、過剰な中性脂肪には注意したいです。
見た目だけではなく、健康のためにもすごく大切なことです。
気になる中性脂肪を退治して、たぷたぷお腹とさよならしましょう。




気になる記事ピックアップ

中性脂肪を掲げる特保。糖尿病予防と運動強度。・・・など思うこと
中性脂肪を掲げる特保トクホ(特保)といえば「特定保健用食品」のことです。トクホは製品ごとに食品の有効性や安全性について審査を受け、表示について国の許可を受けています。ですのでトクホの場合信頼は高いですよね。トクホには中性脂肪について表記したものが多いです。そんなトクホ、探してみるのもいいですね。糖尿病予防と運動強度<.....

中性脂肪はどこに。中性脂肪と生活習慣。・・・など思うこと
中性脂肪はどこに中性脂肪は、お尻やお腹の皮下脂肪として蓄えられているようです。お腹ぶよぶよの正体は中性脂肪のようですね。内臓脂肪としても蓄えられるようです。中性脂肪は体に蓄えられた、余ったエネルギーとのことです。ですので、中性脂肪を減らすのは運動が効果的ですね。中性脂肪と生活習慣中性脂肪が増える生.....

運動不足。お酒と中性脂肪。・・・など思うこと
運動不足中性脂肪が増える一因である運動不足は、多くの人が抱える悩みでしょうね。適度な運動は中性脂肪だけではなく、健康維持には大事なことですが、なかなか、運動する機会がないのが現状です。意識的に運動しないと、体を動かす機会が少ない人は、デスクワークの人を中心に少なくないですね。お酒と中性脂肪お酒は、.....

100kcal。DHAのある食品。・・・など思うこと
100kcal「100kcal(キロカロリー)」が話題です。メタボリック症候群や肥満の防止など食品の摂取カロリーの関心が高まっていることが背景にあるようです。カロリー摂取を100kcal(キロカロリー)に抑えた食品の「100キロカロリー食品」がいろいろ登場しています。商品名に「100kcal」がうたわれたスナック菓子なども登場してい.....

中性脂肪のコントロール。うるウォーター 。・・・など思うこと
中性脂肪のコントロール中性脂肪をコントロール方法は、食べるほうの管理と、運動の管理ですね。食べるほうについては、要は必要以上にカロリーを摂り過ぎないということです。そうは言っても、忙しい日常の中で、毎食いちいちカロリー計算するのは大変です。まずは、腹八分目を心がけることが大切ですね。うるウォーター

中性脂肪とイマーク。メタボの基準。・・・など思うこと
中性脂肪とイマーク中性脂肪が気になる人にとっては、中性脂肪を掲げたトクホはきになりますね。自分にあったものがあれば、利用したいものです。例えば、ニッスイのイマークという商品があります。トクホです。そしてイマークの表記には「中性脂肪」についても記載があります。試してみてもいいかもしれませんね。<.....

魚食と中性脂肪。中性脂肪による危険。・・・など思うこと
魚食と中性脂肪青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸が一時期話題になりました。この不飽和脂肪酸は、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあるそうです。青魚というと、サバやイワシ、サンマなどでしょうか。魚の小骨が気になる人に辛いかもしれませんね。そんな人は、ハマチとか大きな青魚が狙い目ですかね。中性脂肪による危険<.....

太っていないようでも。不飽和脂肪酸。・・・など思うこと
太っていないようでも中性脂肪の血液中の基準値は150mg/dlだそうです。この中性脂肪の値は、あまり太ってなさそうに見える人でも、高い場合があるようです。中性脂肪が内臓脂肪に多いときは、あまり太ってみえないようです。ですので、見た目の太さに関係なく、中性脂肪は注意しないといけないようです。不飽和脂肪酸不飽.....

活動量計。脂肪細胞と中性脂肪。・・・など思うこと
活動量計中性脂肪を適切に保つために運動は大切です。そんな運動の目安を定量的に知る便利なツールがあります。それは、オムロンヘルスケアの活動量計です。歩行や炊事など日常の活動を計測してくれます。使い方は歩数計のように腰つけておくだけ。安静時に比べた活動量を数値で表示してくれるようです。簡単便利ですね。2008年1月から発売(2007年10月発表.....

食事制限長続きのコツ。中性脂肪とコレステロール。・・・など思うこと
食事制限長続きのコツ高すぎる中性脂肪を適正値に戻すための方法のひとつとして、食事制限はとても重要です。でも、無理な食事制限を突然始めても挫折するだけですので、少しづつ食事を減らしていくなど、工夫が必要ですね。食事制限を始めて一番つらいのが最初の一週間だと思います。一週間続ければ、その後は自然に続く場合が多いです。中性.....

中性脂肪とは
中性脂肪という言葉をよく耳にするようになりました。中性脂肪が気になる人は多いと思います。お腹や、お尻など体についたぶよぶよの脂肪は、大部分が中性脂肪だそうです。また、よく耳にする内臓脂肪でも中性脂肪だそうです。さらに、中性脂肪は血液中にも存在します。血液中に存在する中性脂肪は、同様.....

中性脂肪のでき方。中性脂肪の傾向。・・・など思うこと
中性脂肪のでき方中性脂肪は脂肪分から作られる場合と、炭水化物から作られる場合があるようです。ですので、食べ物の中で、脂肪や炭水化物が、中性脂肪の由来になるわけですね。そして、どちらも、エネルギーとして消費されない分は、皮下脂肪とか内臓脂肪とかという形で蓄えられるわけですね。

運動の種類と中性脂肪。カロリー注意。・・・など思うこと
運動の種類と中性脂肪運動には、有酸素運動と無酸素運動があります。中性脂肪を燃焼するのは、有酸素運動のようです。でも、無酸素運動でも、それによって筋肉が増えると、基礎代謝が上がって、太り難い体になるようです。それぞれ、運動による効果は違うようですが、どちらの運動も、大事なようです。<.....

ダイエットいろいろ。1日1万歩。・・・など思うこと
ダイエットいろいろ世の中にはダイエット方法がいろいろあります。ダイエットというと、美容的な動機のものをイメージしますが、健康のためにもダイエットは必要です。太りすぎや、メタボリック症候群からの改善のためには、健康的に行うダイエットが重要です。自分にあったダイエット方法を見つけたいですね。

ご飯がおいしい。メタボリック症候群と過剰反応。・・・など思うこと
ご飯がおいしい中性脂肪が気になり、食事制限や運動を心がけようとしても、ご飯がおいしいと食事制限は食事のたびに挫折してしまうということも。ご飯がおいしいということは、健康な証拠で、いいことなのに、ご飯がおいしいからメタボリックに突き進むというつらいところです。おいしいけど我慢して、腹八分目を心が.....

魚食と中性脂肪。中性脂肪と飲みすぎ。・・・など思うこと
魚食と中性脂肪青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸が一時期話題になりました。この不飽和脂肪酸は、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあるそうです。青魚というと、サバやイワシ、サンマなどでしょうか。魚の小骨が気になる人に辛いかもしれませんね。そんな人は、ハマチとか大きな青魚が狙い目ですかね。

中性脂肪の役割。運動不足。・・・など思うこと
中性脂肪の役割多すぎる中性脂肪は問題がありますが、そもそも中性脂肪にも役割があります。中性脂肪の役割とは、まず、エネルギー源ですね。中性脂肪はエネルギーの余りですからね。それから、中性脂肪は体温の維持や、体の外からの衝撃に対してクッションとしての役割などがあります。運動不足

DHAと中性脂肪。アルコールと中性脂肪。・・・など思うこと
DHAと中性脂肪近年注目を集めた話題のDHA(ドコサヘキサエン酸)は、中性脂肪にもいいようです。どのようにいいかというと、DHAが血液中の中性脂肪を減らす効果があるのだそうです。中性脂肪が気になる人には、耳寄りな情報ですね。とはいえ、DHAだけで、中性脂肪が何とかなるわけではないでしょうから、食べすぎ.....

腹八分目。黒ウーロン茶。・・・など思うこと
腹八分目昔から腹八分目という言葉があります。満腹ではなく、腹八分目で食事をやめることが健康のためにいいのですが、なかなか食べ出すと止まらないです。ついつい、満腹になるまで食べたくなります。そんなことじゃ、中性脂肪も減らないですね。腹八分目の食生活が大切ですね。黒ウーロン茶

中性脂肪を意識した食品の探し方。運動と食事のバランス。・・・など思うこと
中性脂肪を意識した食品の探し方中性脂肪を意識した食品がいろいろ販売されています。そんな食品を探すとき、ヤフーの検索が簡単便利です。「中性脂肪」と入力して、キーワード検索すると、中性脂肪に関係した食品がいっぱい出てきます。特に、スポンサーサイト欄は賑やかですよ。こういう探し方も面白いですね。.....

中性脂肪による危険。太っていないようでも。・・・など思うこと
中性脂肪による危険中性脂肪は体に必要なものですが、一方で中性脂肪が多すぎるのは体によくないです。何でも、多すぎは良くないということですね。中性脂肪が多すぎる場合の危険とは、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの大きな病気を引き起こす、主要な原因の一つになることだそうです。太っていないようで.....

中性脂肪と飲みすぎ。太っていないようでも。・・・など思うこと
中性脂肪と飲みすぎお酒の飲みすぎも、中性脂肪の増加の原因になるようです。飲み会が多い人や、毎晩晩酌の人は、中性脂肪が高くなっているかもしれないです。時期的に、飲み会が多い、忘年会や新年会などのシーズンは、国民的に多くの人が、中性脂肪高めの状態になるんでしょうかね。太っていないようでも.....

中性脂肪と夕食。中性脂肪の検査。・・・など思うこと
中性脂肪と夕食中性脂肪との関係で考えると、夕食の見方が変ります。夜は体がエネルギーをためようとするようです。ですので、夕食は、中性脂肪を増やしやすいようです。従って、夕食はできるだけ、カロリーを抑える食事がいいようです。でも、夕食が質素なのは、ちょっと辛い気がします。中性脂肪の検査<.....

中性脂肪の正常値。有酸素運動。・・・など思うこと
中性脂肪の正常値中性脂肪の正常値は、健康診断などの結果では50~150くらいといわれています。中性脂肪やコレステロールが高いと高脂血症といわれます。高脂血症の合併症には動脈硬化のように怖いものがあります。中性脂肪が高いだけでは痛いわけでもないので、軽く考えがちですが、きちんと注意したいところです。

アローカナの水色卵。中性脂肪とダイエット。・・・など思うこと
アローカナの水色卵水色の卵を産むアローカナというニワトリの種類を知っていますか?アローカナの水色の卵は、健康にとてもいいそうです。なかなか手に入りにくいので、知っている人も少ないようですが、知られると人気の卵になるに違いないと思います。卵の殻は水色ですが、中身は普通の卵と違いはありません。

DHAと中性脂肪。不飽和脂肪酸。・・・など思うこと
DHAと中性脂肪近年注目を集めた話題のDHA(ドコサヘキサエン酸)は、中性脂肪にもいいようです。どのようにいいかというと、DHAが血液中の中性脂肪を減らす効果があるのだそうです。中性脂肪が気になる人には、耳寄りな情報ですね。とはいえ、DHAだけで、中性脂肪が何とかなるわけではないでしょうから、食べすぎに注意したり.....

中性脂肪と生活習慣。運動の種類と中性脂肪。・・・など思うこと
中性脂肪と生活習慣中性脂肪が増える生活習慣とは。食べすぎ、飲みすぎ、運動不足だそうです。太る原因と同じですね。それから、ストレスも中性脂肪を増やす原因になるそうです。ですので、中性脂肪対策の生活習慣は、この4つを回避する、若しくは軽減することを心がけることが大事なわけですね。運動の種類と中.....

お酒と中性脂肪。中性脂肪の検査について。・・・など思うこと
お酒と中性脂肪お酒は、中性脂肪を増やしやすいようです。でも、適量なお酒は、血行をよくしたり、ストレス解消にも貢献したり、いい面も持っています。ストレスも中性脂肪を増やす原因ですから、ストレス解消の効果があれば、間接的に中性脂肪の抑制に働く部分もあるわけですね。お酒は飲みすぎは良くないですが、適量であれば、問題ない.....

中性脂肪で心配される病気。杜仲茶と健康。・・・など思うこと
中性脂肪で心配される病気中性脂肪の値が正常値の範囲から外れることで心配される病気は・・・低いときは例えば、甲状腺機能亢進症など、高いときは例えば、動脈硬化症、糖尿病、脂肪肝、肥満症などが心配されるようです。中性脂肪だけではないですが、健康であるためには何事もちょうどいいということが大切ですね。

生活習慣と中性脂肪。ご当地体操で健康管理。・・・など思うこと
生活習慣と中性脂肪中性脂肪を自然な形でコントロールするためには、どうしても生活習慣の見直しが必要です。中性脂肪は、長い期間の蓄積の結果ですので、一朝一夕でどうこうできるようなものではありません。ですので、できるだけ早くに着手したいところですが、生活習慣を見直すことって、結局後回しにされやすいですね。<.....

アルコールと中性脂肪。食事の脂肪分。・・・など思うこと
アルコールと中性脂肪アルコールを飲みすぎると、肝臓で行われる中性脂肪の合成を促進してしまうそうです。また、アルコール自体は分解されてもエネルギーになることはないようですが、お酒にはアルコール以外のカロリーの高いものも含まれています。ですので、お酒の飲みすぎは、中性脂肪を増加させることになるようです。

中性脂肪による危険。DHAと中性脂肪。・・・など思うこと
中性脂肪による危険中性脂肪は体に必要なものですが、一方で中性脂肪が多すぎるのは体によくないです。何でも、多すぎは良くないということですね。中性脂肪が多すぎる場合の危険とは、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの大きな病気を引き起こす、主要な原因の一つになることだそうです。DHAと中性脂肪近年.....

不飽和脂肪酸。食事の脂肪分。・・・など思うこと
不飽和脂肪酸不飽和脂肪酸にはコレステロールや中性脂肪を下げる作用があるようです。中性脂肪にも不飽和脂肪酸が効くんですね。不飽和脂肪酸は、サラダ油やオリーブ油、ごま油などの油に含まれているようです。このほかだと、イワシやサバ、サンマなどの青魚でも摂れますね。食事の脂肪分食事で脂肪分という.....

中性脂肪と関連キーワード。嫌われる脂肪。・・・など思うこと
中性脂肪と関連キーワード中性脂肪は多くの人が気になります。ですので、検索サイトを使っていろんな人が「中性脂肪」を検索して調べています。そんな検索のときに、中性脂肪と一緒に検索される言葉たちがあります。例えば列挙すると・・・多いものから「数値」「低い」「減らす」「食事」「下げる」などなど中性脂肪の現状把握や対処方法について.....

中性脂肪対策。中性脂肪の知名度。・・・など思うこと
中性脂肪対策中性脂肪は余ったエネルギーです。つまり、エネルギーを余らせないようにするのが、中性脂肪対策ですね。とるエネルギーを減らすか、使うエネルギーを増やすか、基本はそのいずれかでしょうね。どっちが良いかは人によって、状況によって異なるでしょうし、方法もまた種々あります。長続きする適切な対策を選びたいですね。

DHAのある食品。黒ウーロン茶。・・・など思うこと
DHAのある食品DHAが中性脂肪の改善にいいという話をきいてから、DHAが気になります。DHAは一時期話題となったせいか、DHAが入っている食品の包装には、DHA入りを明示するものが多いですね。同じ食品でも、つい、この表示に目がいってしまうのでした。少しでも楽に健康を維持したい欲からでしょうね。黒ウーロ.....

中性脂肪の傾向。中性脂肪と夕食。・・・など思うこと
中性脂肪の傾向日本人の摂取エネルギーにおける、脂質エネルギーは増加しているんだそうです。食生活が昔よりずっと、洋風化が進んみましたし、しかも運動不足の傾向も強くなっているようです。その結果、中性脂肪は、全体的に高くなっているようで、高脂血症の人がどんどん増えているようです。中性脂肪と夕食中性.....

中性脂肪をよく見かけます。特別な日の食事。・・・など思うこと
中性脂肪をよく見かけます中性脂肪という言葉は、あちこちで見かけます。特定保健用食品の商品やその広告などで、中性脂肪という言葉はお馴染みです。新聞広告でも中性脂肪という言葉はよく見かけます。そのせいか、中性脂肪という言葉の知名度は相当高くなっています。昔と違って、多くの人が中性脂肪という言葉を知っています。

中性脂肪と関連キーワードその2。中性脂肪とエネルギー。・・・など思うこと
中性脂肪と関連キーワードその2中性脂肪と一緒に検索される言葉を見ると、その言葉についての人々の関心のありようが見えてきますね。例えば・・・「正常値」「レシピ」「薬」「コレステロール」「正常値」「少ない」「血液検査」「対策」「食事療法」「健康診断」「平均値」「標準値」「サプリメント」・・・。いろいろあるものですね。<.....

中性脂肪は悪者?。中性脂肪を燃やす有酸素運動いろいろ。・・・など思うこと
中性脂肪は悪者?中性脂肪は多すぎると健康にも美容にも良くないです。そんなこともあり、中性脂肪を目の敵にしがちですが・・でももともと中性脂肪は体にとって必要なものです。エネルギーのたくわえであったり、外的衝撃から体の中を守ったり、体温の維持に貢献したり、・・必ずしも悪者ではなんいですね。中性脂肪を燃やす有.....

こんな中性脂肪対策

中性脂肪について

サイトについて

リンク

英語学習のことです.

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)


Copyright © 2006- 中性脂肪のこと。中性脂肪を考える。. All rights reserved